ライオンズクラブ国際協会
336-B地区

ガバナー通信 No.4

地区ガバナー通信 第4号

クラブ会員 各位

336-B地区ガバナー

大谷  博

第63回336-B地区年次大会ならびに100周年記念式典では、皆様方に大変お世話になりました。有難うございました。一年のうちで最も大きなイベントが終わったとはいえ、まだ、私の任期は2か月半もの期間が残っています。

私は、キー・ワードに「家族」「次世代」「奉仕」「LCIF」を掲げさせていただきました。「次世代」と「奉仕」については、会員皆様方のご協力のもと、どうにかクリア出来たかな…と思っています。しかし、「家族会員」と「LCIF」については、“道半ば”どころかマイナス状態が続いています。会員増強は、「マイナス67名」と全国ワースト・ワン、またLCIF献金もワーストから4番目です。どちらも皆様方のご協力無くしては、目標達成など不可能なことです。太田ガバナーエレクトが式典の中で話された通り、“奉仕の手を広げるために会員増強は必須” だと思います。

国際協会の資金集めのために“会員増強”を謳っている訳ではありません。【奉仕の手】を広げるためなのです。改めて「会員増強」そして今年度期末に向け、クラブ会長はじめ会員皆様方のお力で、退会希望者への説得を強くお願いします。

また、LCIFについても“世界の恵まれない人達への貢献”と共に、ライオンズクエストでは、336-B地区も多くの交付金を活用しています。

LCIFへの献金は、決して無駄な寄附行為をしている訳ではありません。年当初にお願いしておりました「個人献金50ドル」~まだ実施されていないクラブの皆様、どうぞご協力のほどよろしくお願いいたします。

貴クラブの益々のご発展を祈念申し上げ、「ガバナー通信第4弾」といたします。

We Serve!

ガバナー通信第4号(2017)のダウンロードはこちら