ライオンズクラブ国際協会
336-B地区

支援活動等実施・予定報告の依頼

336-B地区内ライオンズクラブ会長  各位

ライオンズクラブ国際協会336-B地区

地区ガバナー  井上 浩一

キャビネット幹事  住吉 孝文

西日本豪雨災害支援活動に関する報告のお願い

拝啓  時下ますますご清栄のことと存じます。

今般の西日本豪雨災害につきましては、災害発生後、地区内外を問わず、多数のクラブが、支援物資を持参・送付下さり、また現地で復旧活動を日々展開されており、異常なまでの酷暑の中、皆様方のご尽力に心から感謝申し上げます。

復旧に至るには、まだまだ多くの方々のお力添えと長い時間が必要です。特に平日のボランティアが不足していることもあり、是非とも、貴クラブから、貴ゾーンから、何名でも構いませんので現地へ足を運んでみて下さい。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今般LCIFでの指定献金による援助金交付が決定され、また地区緊急援助資金や他地区のキャビネット、クラブをはじめ、一般の方々から寄せられた支援金・浄財などは、これからの支援事業の資金として大いに活用し、一日も早い復旧を目指していかなくてはなりません。

LCIF交付金の使途については、①個人には行わない ②本来行政が整備するものにはしない ③政治色・宗教色の濃いものにはしない 等を基本に、ライオンズクラブとして地域に密着し地域に意義のある≪クラブ事業(ゾーン・リジョン合同事業も含む)≫に配分することとなります。

また同時に、メンバーがいるからこそのライオンズクラブであり、被災されているメンバーの救済措置 (諸会費や各拠出金の減免あるいは免除等)を国際本部並びに日本ライオンズに対して、強く要請していくことも大変重要です。

そこで、貴クラブにおいて、別添エクセル専用フォームにて下記項目の内容をご報告ください。LCIF交付金での事業資金の調達、あるいは支援金からの費用補てんを進めてまいります。

(例:子供達への図書寄贈、コミュニティーハウスやごみ収集ステーションの建設、病院や介護福祉の設備・備品の充実 など)

なおクラブ事業として、計画しない場合や所属メンバーに該当する被災者のいない場合も、その旨記載してお送りください。

ご多忙のところ度重なるお願いばかりで大変恐縮ですが、皆様方のご協力をよろしくお願いいたします。

敬具

= 報 告 事 項 =

※エクセルフォームにてそれぞれ①~④のシートに分かれています※

  • シート① 貴クラブで実施中または実施予定(計画)の支援活動の具体的な内容
  • シート② 上記①の活動に伴うおおよその経費金額とそれを証明する資料
    *実施後⇒領収書添付 *実施予定⇒見積書添付
  • シート③ 被災された貴クラブ所属メンバーの詳細と現在の状況
    *市町村発行の罹災証明書コピー 添付
  • シート④ そのほか、支援(物資・ボランティア)の希望や要望など

 
 

= 返 信 先 =

3336-B地区キャビネット事務局 ならびに 所属ゾーンチェアパーソン

= 返 信 〆 切 =

2018年 8月31日(金) まで

 

支援活動等実施・予定報告の依頼

回答書フォーム